薬剤師 転職 企業 未経験

初めて企業に転職したい薬剤師におすすめの転職活動

初めての企業への転職。未経験の薬剤師を採用してくれるのはどんな企業なのかとちょっと先が見えない方に、未経験を歓迎してくれる初めての企業の仕事におすすめの求人を紹介しています。未経験ということが有利に働く転職活動のコツもまとめました。

目次開く

薬剤師という資格職と言えど、働く施設によって業務内容は大きく変わってきます。どんな職種でも未経験の仕事には不安がつきものです。

なぜ、企業転職をするのが不安かと言うと「未経験でもやっていけるのか」という点が大きいのではないでしょうか。企業で働く薬剤師はどんな仕事をしているのか、自分のやりたい事なのか、未経験で企業薬剤師になった場合にはどんな壁があるのか。今まで経験した事のないものですと、あれこれ考えてしまって不安は膨らんでいくばかりです。

企業薬剤師についての理解を深めれば、きっと未経験での転職という大きな不安も消えるはずです。


薬剤師が活躍できるのは調剤薬局だけでなく企業もある

企業薬剤師として生きる道はどんな道になる?

薬剤師が活躍できる場所は、調剤薬局や病院が一番に連想されるでしょう。最近は病棟内に薬剤師が常駐し、患者の服薬指導や薬の飲み残しがないかどうかを個別チェックする仕事もあります。これらの仕事はある程度のコミュニケーション能力が必要です。人づきあいが苦にならない薬剤師にはぴったりな業務でしょう。

世の中の薬剤師の半数以上は、調剤薬局や病院で働く「医療関連の薬剤師」です。就業者数が多いため「薬剤師」と聞くと「調剤薬局にいる人」「病院で薬をくれる人」とイメージできますね。けれど薬剤師が活躍する世界は、なにも医療業界に限ったものではありません。

実は企業でも薬剤師が活躍できるフィールドがあるのです。あまり一般には知られていませんが、製薬会社やドラッグストア、化粧品メーカー、食品メーカーなどで薬剤師が採用されています

企業(主に製薬会社)に就職した薬剤師は、一体どんな仕事をしているのでしょうか?製薬会社では新薬の開発、製造、販売を行っています。とくに新薬開発は製薬会社の一番の肝となる部分です。

この開発が成功すれば会社に莫大な利益がもたらされます。そのため研究・開発部門の専門家として薬剤師が採用されています。また自社で開発・製造している医薬品を医療機関に売り込む営業担当者にも、薬剤師は有利です。

新薬開発は今や企業の生命線。そのため新薬開発にかかわる職種に、薬剤師が採用される例は多数あります。まず治験コーディネーター、新薬開発の過程でおこなう治験の現場では、欠かせない存在です。

病院内で治験に参加する被験者に対し、試験の内容を説明し、不安な点に答えていきます。患者の症例登録を行ったり、治験後の資料を作成するのも仕事です。臨床開発モニターはモニタリング業務や症例報告書のチェック・回収を行う専門職です。

薬剤師が活躍できる場所は医療機関だけでなく、製薬会社やCRO(医薬品開発業務受託機関)、食品メーカー、化粧品メーカー、ドラッグストアなどさまざま。ただ分野や会社によっては「狭き門」です。薬剤師転職支援サービスで、条件のいい企業求人をチェックしましょう。


企業薬剤師への転職が1番有利な時期について

企業薬剤師は、希望者も多く競争率が高いのが実状です。転職時期を間違えれば、いつまでも求人すら出てこないという事もあります。この項目では、企業薬剤師になる1番有利な転職時期について紹介します。


企業薬剤師になるにはボーナス時期と年度末が転職にもっとも有利


他の医療従事者(医師や看護師など)も同じような傾向があるのですが、ボーナスを受け取った後は退職しやすいタイミングです。ボーナスをもらって1ヶ月ほど経ってから退職を切りだすケースが多く、6~8月と12月~4月頃は転職にもっとも適したタイミングです。この時期には求人が集中しますので、早めの転職活動が吉です。

ボーナス時期以外にも多いのが年度末です。一年の終わりにキリよく転職したい方はもちろん、定年退職で辞める方もいます。そのため年度末に向けて足りなくなる人員を補充しようと、求人がでやすいのが年度末です。この時期を狙って転職する方法も「あり」です。薬剤師専門の転職支援サイトに早めに登録し、条件のいい求人が出るのを待つのもいい方法です。

仕事を辞めたい、転職したい!企業薬剤師になりたい!と思っても、うまくいかないのが転職先探しではなく「今の職場を辞めること」かもしれません。もし今のあなたが、人員ギリギリの調剤薬局などに勤務しているのなら、すぐには辞められないでしょう。最低でも2~3ヶ月前に辞めたいという意志を申し出ましょう。引き止めにあうかもしれませんが、そこは固い意志で通しましょう。

企業薬剤師は求人そのものが少なく、すぐに求人枠が埋まってしまう傾向があります。そのため確実に転職したいのなら、早めに薬剤師専門の転職支援サイトに登録し、非公開求人(優良求人)を紹介してもらうことです。波風を立てずに仕事を辞めるノウハウも教えてもらえますので、確実に転職したい方はぜひ登録しておきましょう。

製薬会社によっては秋に入社する例もあります。その場合秋頃に製薬会社関連の求人が出てくる可能性もあります。ただ転職しやすい時期は一般論です。そのような傾向があるというだけで、これらの時期から外れた頃に、ぱっと条件のいい求人が出てくる可能性もあります。転職しやすい時期はあっても、あなたにとっての「本当のベストタイミング」は転職したい!と心を決めたときかもしれません。


企業薬剤師の未経験の転職事情

未経験でも企業看護師になりたい人はしっかりチェックしておいてください。


未経験で企業転職をする場合、求人が多く出る時期は新人にとっても働きやすい

薬剤師だけでなく、一般職でも言えることですが求人が多くでる時期はそれだけ人手が足りないという事です。「人手の足りない時期だと忙しくて新人は働きにくそう」と思いがちですが、せっかく確保した人材を育てたいというのが企業側の意見です。

人材を募集した時点で、新人の育成を視野にいれているので求人の多く出る時期は新人にとってもサポートしてもらえる事が多く、働きやすい時期と言えます。また、同じ未経験で企業転職した薬剤師がいる事も多く、同期もいるので気持ち的にも働きやすいのではないでしょうか。


未経験でも企業へ転職可能?

企業で働いたことのない薬剤師が企業へ転職できるかどうかですが、職種や年齢によっては可能です。新薬開発に必要不可欠なCRAやCROは企業経験よりも臨床経験や薬学の知識、コミュニケーション力が重視されるため未経験者でも採用される可能性が高くなります。調剤薬局や病院での勤務実績があれば面接・採用にいたる事例もあるのです。

逆に未経験では厳しい業種もあります。それが研究職です。四大卒はもちろん、大学院を出て前職が研究職でなければ採用しない、という企業が多く転職希望者にとってはかなりの狭き門となっています。


上手くいかない事も結構あるの?

企業求人自体がかなり少ないため、まず転職したければ企業求人を探すことから始めなければなりません。求人を見つけても希望者が多いと倍率も高くなり、採用される可能性が低くなります。未経験者よりも経験者を優遇する企業もあるため、残念な結果に終わる薬剤師も少なくありません。

企業薬剤師として働くためには、良い求人のでてくるタイミングはもちろん、面接対策、試験対策、履歴書の作成など採用試験対策もしっかりおこなう必要があります。早めの転職活動も吉。企業への転職はじっくり腰を据えて臨むことです。


企業未経験の薬剤師が転職を成功させる5つのコツ

企業未経験の薬剤師が企業への転職を成功させるには、ある程度の時間とコツが必要です。

目標はあっても焦って行動すれば失敗する可能性が高くなりますし、なんの準備も調査もせずに行き当たりばったりで転職活動をしても時間のムダになることもあります。

「では、どうすれば企業薬剤師への転職が成功するの?」そんな疑問をおもちの方に、企業未経験の薬剤師が転職を成功させるための5つのコツを公開しています。これから企業薬剤師をめざす皆さん、どうかご参考にしてください。

早めに転職活動を始める

薬剤師の転職には通常でも約3か月間の時間がかかります。転職先を見つけるにも時間がかかりますし、面接、内定がもらえても勤務先を辞めるための引き継ぎや残務整理などにも時間が必要です。

調剤薬局や病院など比較的求人数が多い職種であれば転職先を見つけるのは容易ですが、企業となると話は別です。求人数が少ないため求人を見つけるにも時間がかかります。

さらに、求人が見つかっても面接や採用試験の段階で不採用になってしまう可能性も少なからずあります。早い段階で転職活動を始めること、準備をすることが重要です。

研修制度のある会社を選ぶ

企業未経験の薬剤師が転職する場合、求人に応募する際に「未経験者OK」の求人を選ぶのはもちろん、入社後に研修制度があり未経験でもしっかり勉強できる環境を選ぶことが重要です。

調剤薬局やドラッグストアで身につけたスキルや臨床経験、ビジネスマナーは転職後ももちろん役立ちますが、新しい職種となると新たに覚えることが多いのも事実です。

そこで社内に研修制度のある会社を転職先として選ぶと入職後の仕事もスムーズにすすみます。面接を受ける前に各種研修制度が充実している企業かどうかをチェックすると良いですね。

面接対策をしっかり行う

企業薬剤師になりたいなら、面接対策をしっかり行うのは基本中の基本です。企業によっては多くの入職希望者が殺到しますので、採用を勝ち取るには面接・試験対策は必須。

面接・試験対策のためには書籍を読んで対応策を考えておく、受験者の体験談を読んで同じ失敗をしないように対応する、友人に試験官になってもらい事前練習をおこなう、面接当日の服装を第三者にチェックしてもらうなどの対策が必要です。なんの準備もなくいきなり面接を受けても慣れない対応では不採用になる可能性が高くなります。

企業の求人が多い転職サイトを利用する

薬剤師専門の転職サイトを利用すれば、条件に合った求人が出たタイミングで自動的に通知してくれるので便利です。この転職サイトも得意・不得意があり、調剤薬局の求人は多いけれど企業の求人が少ない、またその逆などサービスによって差があります。

求人数が多ければ希望する職種に出会える可能性は高くなりますが、企業薬剤師をめざして転職したいのなら、企業求人の多い転職サイトを利用するのが一番です。サイトに公開されていない求人もあるため、求人数の多いサイトに複数登録して企業求人を紹介してもらうのが確実。

未経験の転職に定評のある転職サイトを使う

薬剤師専門の転職サイトには必ず専任のキャリアカウンセラー(担当者)がいます。企業未経験の薬剤師が企業に転職したいなら、経験豊富な担当者から転職のノウハウをおしえてもらうのが成功への近道。

求人票の読み方はもちろん、優良求人情報の提供、履歴書の添削、面接時のマナー伝授、受け答えの方法など、きめ細かなサポートが受けられるため安心感があります。まさに担当者と二人三脚で内定・採用に向かって突き進むイメージです。とくに企業未経験者が多く企業に転職できている転職サイトを利用すると、失敗が少なくなります。

コツを知った上での転職から就職までの流れ

まず企業への転職を決めた段階で転職サイトに登録することが重要です。時間をかけて情報を収集しても、転職に不慣れな薬剤師では効率的に情報を収集することができません。

企業未経験の薬剤師であることを担当者に伝え、未経験でも応募可能な求人をピックアップしてもらいます。気に入った求人があれば担当者に連絡。担当者は面接日や面接場所の調整をおこない、その間に薬剤師は履歴書の添削や面接の心構えなどを勉強します。不安な方は面接に担当者が同行してくれるので安心。内定が決まれば入職日の調整も担当者におまかせです。

まとめ

企業未経験者の薬剤師でも、未経験者OKや社内研修が充実した求人であれば採用される可能性はあります。本気で企業薬剤師をめざして転職したい方、未経験で自信がない方、企業求人をできるだけキャッチしたい方は転職サイトでまずは相談。

「企業で働くのは無理」と実状を知らないまま諦めるのではなく、どれだけの企業求人がありどのような職種であれば転職できる可能性があるのかを、転職のプロに確認するのが先決です。自分の勝手な発想で自身の可能性をせばめないように、まずは行動あるのみです。



企業未経験薬剤師転職サイトランキング

【1位】 薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリ(エムスリーキャリア)  http://pcareer.m3.com/

企業未経験の薬剤師でも安心、教育制度の整った企業求人を紹介してくれます。転職サポートの質もよく、薬剤師の転職を全面的に支えてくれるので転職成功率も高い!


会社名エムスリーキャリア株式会社
電話対応時間平日9:30~20:00 土曜9:30~19:00
登録番号13-ユー304437
公式サイトhttp://pcareer.m3.com/

求人内容を見てみる


【2位】 リクナビ薬剤師

rikunabi  http://rikunabi-yakuzaishi.jp/

大手求人サービス「リクルート」の薬剤師専門の転職サービスです。求人件数が多く、未経験歓迎の企業薬剤師求人も豊富にあります。いろいろな企業薬剤師求人を見比べたいならマイナビ薬剤師がおすすめ。


会社名株式会社 リクルートドクターズキャリア
電話対応時間平日9:30~21:00
登録番号13-ユ-080058
公式サイトhttp://rikunabi-yakuzaishi.jp/

求人内容を見てみる


【3位】 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師  http://pharma.mynavi.jp/

14,000件以上の圧倒的な求人数で、理想の転職先が見つかります。薬剤師の企業転職に役立つ面接対策や履歴書指導を行ってくれます。転職活動に自信が無ければマイナビ薬剤師を頼りましょう!


会社名株式会社 マイナビ
電話対応時間平日9:30~20:30 土曜9:30~17:30
登録番号13-ユ-080554
公式サイトhttp://pharma.mynavi.jp/

求人内容を見てみる